ニキビが凸凹になる原因って?

ニキビが原因で肌に凸凹の跡、いわゆるクレーターという状態が残ってしまう人がいます。

 

ニキビができた人全てに残る可能性はありますが、実際すべての人が凸凹な肌になってしまっているという事はありません。この凸凹な跡は、ニキビの炎症が肌表面だけでなく肌の奥の真皮層まで達してしまった場合に残ってしまう可能性が高いものです。

 

肌表面はターンオーバーによって定期的に生まれ変わってくれますが、真皮層に関してはターンオーバーのような生まれ変わりが起こりません。

 

小さな傷痕は時間が経てば消えてしまうのに対して、深い切り傷の跡や、酷い裂傷の跡は残ってしまっていることありませんか?これが良い例で、浅い傷は消えてなくなるものの、深い傷は盛り上がったり凹んだりして残ってしまうのです。

 

ニキビは傷ではありませんが、その部分で白血球とアクネ菌が戦いを広げて炎症を起こします。その戦いが長引き、炎症が広範囲にわたることで真皮層を傷つけ跡が残ってしまうのです。

 

凸凹な跡が残ってしまった場合は、自身で元に戻すことは難しく、医療機関でレーザー治療やケミカルピーリングといった治療法が有効だとされています。