洗いすぎはニキビができやすくなる原因?

洗顔を行うとさっぱりスッキリしますね。ニキビに悩んでいる人は特にニキビによって、オイリーな感じを持っている肌をしっかりと洗ってしまいたいと感じる事も多いでしょう。

 

実際にしっかり洗顔をしてみると、一時的にすっきりとするためニキビに有効な気がしてしまう事もあります。しかし、洗顔のし過ぎや強い洗浄成分の配合された洗顔は、繰り返すニキビの原因となっている事もあるので、注意が必要です。

 

と言うのも、ニキビを予防改善するのに大切なのは、脂質のコントロールです。毛穴に詰まった脂質が炎症を起こしニキビになってしまっているので、余分な脂質を取り除くのは大切です。

 

しかし、肌表面には適度な脂質が存在することが重要で、適度な資質がバリア機能の維持や肌の潤いを守ってくれています。洗顔のし過ぎや、強い洗浄成分の洗顔料を使い洗顔を繰り返すと、必要な分の脂質まで取り除いてしまい、脂質が足りなくなったと感じた体はより一層脂質を分泌するようになります。

 

結果、過剰に分泌された脂質が毛穴に詰まってしまい、繰り返すニキビの原因となってしまうのです。一見良さそうに見える洗顔ですが、適切な方法で適切な洗顔料を使用する事が大切なのです。