アクネ菌とは?

アクネ菌とは、ニキビを作る原因になる菌です。

 

そういうと悪い菌のように思いますが、よい働きもしています。実は、アクネ菌には、皮膚を弱酸性に保ち、他の病原菌の繁殖を抑える性質があります。肌にとって必要な菌なのです。ただ、アクネ菌は皮脂を栄養源として繁殖し、繁殖しすぎるとニキビの温床になってしまいます。

 

皮脂腺の周りには、常にアクネ菌が生息していて、ブドウ球菌と同じく、もっとも多く皮膚に存在しています。

 

人間の体にとって常在菌なのですが、増殖し過ぎると、ニキビの原因になります。ニキビの発生を抑えるには、アクネ菌の増殖を抑える必要があり、そのためには、正しい洗顔をしないといけません。アクネ菌の対策は、正しい洗顔が最大の対処法になります。

 

どのように洗顔すればいいのかというと、洗顔の数を増やしてはいけません。そうすると逆に肌にダメージを与えることになります。正しい洗顔は1日2回がベストです。夜にしか洗顔をしていない人は、朝と夜の2回の洗顔に切り替えることです。

 

アクネ菌は、酸素を嫌い、皮脂を栄養に増殖する性質があるので、肌をそうした状態にしないことが重要になります。アクネ菌をケアすれば、ニキビを悪化させるのをふせぐことができます。アクネ菌の過剰な繁殖は、洗顔が効果的です。